ホーム > 会社情報 > 事業内容 > 木材用塗料事業 > 建築木部用 > Aqurex サンディング

Aqurex サンディング

肉持ち性・研磨性を重視した屋内木部全般向け下塗塗料
導管への流れ込み性に優れ、研磨を容易にし平滑な仕上がりを実現。厚膜仕上げの作業性を向上させる下地剤。

用途 導管への流れ込み性、研磨作業性向上、肉持ち性がある厚膜な仕上げにするのに最適です。
特長

  • 〇インテリア木部の工程に適した、塗膜の肉持ち性・研磨性を重視した厚膜仕上げの作業性を向上させる下地剤です。

  • 〇肉持ち性・導管への流れ込み性に優れ、研磨を容易にすることで表面も平滑にし、上塗りをした後の仕上がりを向上させます。

標準塗装工程
  1. #150サンドペーパーで素地調整。
  2. Aqurex ポアーステイン各色または Aqurex 水性オイルステインをハケで塗り、(塗布量目安50~60g/m2)1~4時間以上/20℃乾燥。
    ※ポアーステインは着色後ウエスにて拭取りをお勧めします。
  3. Aqurex サンディングを刷毛で塗り、(塗布量目安80~100g/m2)2時間以上/20℃乾燥。
  4. #320サンドペーパーでケバ取り研磨。
  5. Aqurex 木部用ウレタン 各ツヤをハケで塗り、(塗布量目安80~100g/m2)4時間以上/20℃乾燥。
  • ※木材は種類によって発色が変わります。同じ種類でも吸い込み方で発色と光沢が変わりますので、必ず試し塗りをして下さい。また、木材の状態によって塗布量が変わります。
    ※より厚膜にする場合は「3.下塗り」「4.研磨」の工程をくり返して下さい。
環境対応
荷姿 4㎏ / 16kg
備考

肉持ち性・研磨性を重視した屋内木部全般向け下塗塗料


導管への流れ込み性に優れ、研磨を容易にし平滑な仕上がりを実現。厚膜仕上げの作業性を向上させる下地剤。




  • 【塗布量】80~100g/m2

  • 【乾燥時間】2時間以上

  • 【荷姿】4kg 16kg

  • 【うすめ液】水


ページTOPへ